カテゴリ
おすすめ商品


|店長のコーナー
TAKEMURA
最新情報をお知らせします!
Blog

RSS
ATOM
キューバ音楽の歴史
選曲・解説:中村とうよう/歌の大意つき。
キューバ音楽に関心をもったなら、まずこの一枚。
発売から20年余を経てロングセラーを続ける必携の入門アルバム!

♪1971年年末から72年3月にかけてボランティアでキューバを訪れ、炎天下で重労働のサトウキビ刈りに従事するなど、キューバとその音楽をこよなく愛しておられた
故中村とうよう氏。1975年に同氏は企画/選曲/解説のすべてを手がけたLP2枚組ビクター版『キュバ音の歴史』を発表。それから17年の歳月を経て、『中村とうようのラテン音楽案内 なんだかんだでルンバにマンボ』の刊行にあたり、その後の研究成果とキューバであらたに見つかった貴重な音源を駆使して、企画から選曲・編集・解説まで手がけた92年発売の決定版『キューバ音楽史』。
◆曲目:南国キューバで/春の蝶/チャンゴー/昨晩どこにいたの/なんてきれいなお星さま/サンクティ・スピリトゥスのメロディ/グァジャバル川のワニ/ラ・モラ/エレーナ・ラ・クンバンチェラ/そんなのはキューバ女じゃない/アロージャ・クバーノ/マミーが好きだった/私のマンボを楽しんで/マンボに夢中/
トンネル/ソンの国/あなたが詩人だったなら/チャ・オンダのダンス・レッスン/ラ・ビジェ/ネナ、そんなことやめろよ/踊るが勝ち/おいらルンバ/全22曲
型番
TKF-CD-17
定価
3,000円(税込)
販売価格
3,000円(税込)
購入数